缶詰を工夫して使えば簡単に一品料理に!

この記事をシェアする

栄養とおつまみ

ホタテ缶全部を生かす

シンプルにホタテ缶と刻みキュウリにレモン汁をかけた和え物も、独特の味わいがあります。
ホタテ缶を加えたポテトサラダも、大人のポテトサラダです。
じゃがいもを茹でてマッシャーで潰し、大根は5ミリ角に切り塩をかけて水分を出し水洗いしておきます。
缶のホタテとプチトマトとカイワレ大根のシャキシャキ感も一緒に盛り付け、味付けは缶の汁を使い醤油やマヨネーズや塩コショウや辛子やヨーグルト等を合わせてドレッシングを作り、和風のポテトサラダで、ちょっとあとを引くそうです。
白菜の甘みが味わえてホタテの旨みが凝縮された贅沢な気分の、ホタテのクリーム煮も美味しいです。
ネギや生姜を油で炒めて香りを出し、そぎ切りにした白菜を入れて炒め、水を入れ塩コショウをしたら煮立つまで、数分してから生クリームを入れ、さらに数分煮ます。
缶のホタテを入れ、水溶き片栗粉を加え煮立ててとろみがついたら完成で、とてもやさしい味です。

家族でやきとりの缶詰?

そのままでもやきとり缶は十分美味しいけれど、缶のやきとりをチーズと一緒に餃子の皮に包んで揚げるひとくち揚げもすぐ作れて、子どもとのパーティメニューにもおつまみにもカリッと美味しいです。
餃子の包み方が難しい人は、アイデアグッズの隠れ技ありで、子どもでもグッズに餃子の皮とタネをのせて淵に水をつけてパタンと挟むだけで包めます。
やきとり缶と塩こんぶの炊込み御飯も、時短レシピです。
缶のやきとりと塩昆布で、旨味バランスも良く、冷めても美味しいのでラップに包んで冷凍保存で、お弁当にも。
やきとり缶のちっちゃなピザは、子どもと一緒に作れて楽しいレシピです。
缶のやきとりならそのままサイズも小さいので、具材をピザに。
フライパンに油をひいて餃子の皮をそのまま並べ、マヨネーズをぬって汁を切ったやきとりとウズラの卵の輪切りをのせチーズをかけます。
蓋をしてチーズが溶けたら完成で、ホームパーティにも。



PAGE
TOP